BLOOD&CHAIN BLOG

ブログやるならJUGEM

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 太陽少年 親友 槙健一へ | TOP | 提供曲が来年公開映画の挿入歌に決定! >>

2019.08.19 Monday

BRASH解散ライブへ

SUZUKIデス

今日は俺が曲を手掛けていたガールズバンドBRASHの解散LIVEだった。
SKE48にいた小野晴香、出口陽が属するバンドで、和をテーマにしたロックバンドを…というコンセプトのもと、4曲提供させていただいた。残念な事にレコーディング、リリースの前に解散という結末。 普段はあまりライブハウスには行かないけど、こんな時は行く。

解散LIVEというのはいつの時代も切なくて悲しいものだ。

自分が携わるアーティストならなおさら。
このグループに関しては、プロデューサーというよりも、運営会社と手を取りながら、楽曲提供という形で携わっていた。

我ながらロックでメロディックで素晴らしい楽曲を作れていたと思う。

志半ば。理由はたくさんあれど、目指す未来をひとつにして、一丸となる事がきっと出来なかったのだろうと思う。もう少し続けていれば…
今夜、オーディエンスの中に手を挙げて楽しんでいる白人男性がいた。ファンの方々も熱かった。そこに無限の可能性を感じた。演奏力、表現力が少しずつ増してきた最中の解散。
俺自身とても反省する。

楽曲提供という立場上、あまりメンバーとコミュニケーションをとれなかった事も反省。

本音を言えばもっとメンバーの話を聞いてやりたかったし、話し合いながら模索してゆきたかった。
社会は難しい。
才能とか、運とか、それだけではない何かによって突き動かされる部分があるし、人の繋がりで急に転がる事もある。

俺は携わったアーティストには絶対に幸せになってもらいたい。

自分もそうだ。満たされる為に曲を書き表現してきた。

鈴木慎一郎の音楽を歌ってくれる人は俺自身の分身だと思う。
だからハッピーであって欲しい。 その為に何が出来るかをいつも考える。

例えそれが数年だとしても、その人にとって大切な一年、二年なのだから。
振り返った時に、鈴木サウンドを歌えて良かった。そう思って欲しいし、アーティストにとってかけがえのない瞬間を創り上げる事に喜びを感じる。
運営や、裏方だけのプロフェッショナルではなく、俺は両方の気持ちと立場が分かる数少ない音楽家なのだから
そんなヤツにしか出来ない事があるはず。

それを常に考えている。

難しい。
力及ばず。

本当に残念だけど

これからのメンバーの人生に幸あれ!
また何か一緒に出来る事を願って…

FIGHT!!!



ありがたい事にやる事満載だ!

さぁ!I'M A ROCKERを爆音で流して
次なる場所へ向かおう!

P.S.みんな!感想たくさんサンキュー!
返事なかなか出来なくてゴメンな!
全部読んでいるよ!

いろんな声が聞けて嬉しい。

皆にとって最高の一枚になってくれたかい?

夏バテ注意!!!

んじゃの!

SUZUKIより

22:50 | - | - | - | - | - |
2019.11.18 Monday

スポンサーサイト


22:50 | - | - | - | - | - |

▲top