BLOOD&CHAIN BLOG

ブログやるならJUGEM

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 終演後サイン会開催! | TOP | 新年 >>

2018.12.31 Monday

心からの感謝を

スズキです。

30日のワンマン、今の自分が出来る「最高」を届けられたと思う。

節目のLIVEであそこまで声も出て、皆が喜んでくれて。

これ以上ない喜びです。

ステージから見ていたら泣いてる人も結構いた。

それを見て俺も心が熱くなった。

会場にはたくさんのファン。長年応援してくれた人、初めて来てくれた人、久々に見に来てくれた人、楽曲提供やプロデュースしていたアイドルから俺の音楽を好きになってくれて見に来てくれた人。
全部俺にとっては愛すべき存在です。

全部が宝物です。

本当にありがとう。

そしてメンバーも最高だった。

人柄もプレイもすべて。

このままもっとやりたい気持ちになった。

でもそれは出来ない。

すべてのバランスを整え、やりたい事を整理しながら、音楽をもっと自分のものにする為、来年一年費やそうと思う。
ここ数年、LIVEについて、このままやみくもにやっていいのだろうかと思う瞬間があった。生半可にステージには立てない。

もっともっと大きな音楽家になりたい。

ロックミュージシャンというカテゴリーなんてもういらない。
ROCKは生き方。倒れないように、強く在れ!それこそが俺の思うROCKです。
ROCKする「魂」はもうしっかりと胸の中にある。だがそれは決してジャンルやカテゴリーの事ではない。
魂なんだ。

ひたすらいい曲を書き、音楽家としての高みを目指したい。
これが俺の生きる道だ!と思い続けたい。さらに前へいける!と自分を信じ続けたい。

揺るがず
怯まず
ブレず
押しつぶされそうになっても負けず
もしそれがROCKだと言われるのであれば喜んで受け入れる。

生き様でROCKする。
ギターのディストーションがROCKではない。
ただひたすらに音楽!音楽!音楽!
最高のメロディーを 一人でも多くの人に届けたい。

純粋に今そう思う。

来年はさらにいい曲作るよ。

一度ここでお礼を言います。

今まで応援してくれた全員に。

ありがとう。

ステージはしばらくやらないけど

これからも胸に響く

ではなく

胸を掴まれる様なメロディーを作り続けてゆきたい。

2018年

俺は一年生のつもりで挑んだ。

作曲家として、作詞家として

そしてプロデューサーとしても。

本当に素晴らしい景色を「掴めた」一年だったと思う。

梶芽衣子さんに始まり、杉山清貴さん、崎山つばささん

素晴らしいアーティストに俺のメロディーを託せた。

今手がけているグループやアイドルの楽曲もある。

ナセバナル。

打ち上げで酒井ミキオが熱く語っていた。

アーティストは覚悟だと。

そう。それだ。

鈴木慎一郎は10代で覚悟をしていた。

野垂れ死んでもいい。
音楽をやる。

と。

覚悟をきめた瞬間の事は昨日の様に覚えている。
それだけでここまでこれたと言っても過言ではない。

やると言ったんだからやるのが男。
今もあの頃の少年が自分を押している。
何でも出来るよ。

どこへでもいけるよ。

時間かかっても

どんな困難があっても。

己を信じれるのは自分だけ。

それが財産だ。

俺はそこが人よりもハッキリしていた。

やってやれないわけがない。

本気で思っている。
だからこそ今

未来を見据えて

ワクワク出来て

自分は最高の音楽を作るれる!
と胸を張って言える今がある。

こんな幸せがあるだろうか。

それはあの時自分がした「覚悟」の賜物だと思う。

俺はゆく。

音楽の旅を続ける。

2019年が皆にとって

素晴らしい一年であります様に。

本当にありがとう。

愛してるよ。

鈴木慎一郎

05:44 | - | - | - | - | - |
2019.05.20 Monday

スポンサーサイト


05:44 | - | - | - | - | - |

▲top