BLOOD&CHAIN BLOG

ブログやるならJUGEM

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 杉山清貴さん | TOP | 終演後サイン会開催! >>

2018.12.25 Tuesday

崎山つばさ ワンマンZepp

SUZUKIデス

オイラのクリスマスの続き!(笑)

目まぐるしい移動だらけであれ?オイラは売れっ子なのかい!?と錯覚してしまった!(笑)
崎山つばさワンマンZeppコンサート!

正直に言う。

頭から本人登場

そこでまず鳥肌が立った。
シルエットだけでそのカッコよさが伝わるアーティストは数少ない。
佇まい、歌声、アクションのすべてに艶があり、ワイルド&キュート!

何というか…鈴木慎一郎の楽曲に何千もの人達が手を挙げ喜んでくれているその光景は…
男なのに 涙が溢れた。

俺の曲だぜ!なんていう想いではない。
今まさに夢を紡いでいる。繋いでいる。そう実感した。

素晴らしい仕事だ。

そう思えた。

きっと懸命に練習し、鍛錬しこの日を迎えている。
超絶カッコよく歌ってくれて、俺が思う以上のパフォーマンスだった。

こんなに素晴らしい仕事をしているんだ。

そう感じさせてもらえた。

あとね

他の楽曲も素晴らしくて、エイトなBEATがとてもソリッドで…

まさにまだ20代の頃の自分の理想像の様にも見えた。

勝手なんだけど

自分の過去に崎山つばさというシンガーをその瞬間重ねてしまった。

自分がやりたかった熱とBEATと結果。そのすべてがそこにあった気がした。
くやしさなんてなく、羨ましさもなく、
単純に嬉しくて震えた。
この先、BEATを新しい世代へと伝えてゆくのは崎山つばさというシンガーだ。
台に足掛け縦ノリのBEAT感で歌うスタイル、やっぱりかっこいいよね!

紛れもなく日本のROCKスピリットが宿る夜だった。

氷室さんのコンサートはもちろん何度も見たが

誤解を恐れず言えば、登場からそれに似た鳥肌をこの身に感じた。

まさに今この時、勢いあるスター像そのものだった。

たくさんのファンはそれはそれは勢いに溢れ、本気で応援し、ステージに立つアーティストを本気で信じ、さらなる高みを共に目指している。

フレッシュだった。すべてが。 人生に山場は何度もない。
俺は馬鹿だから大切な場所を去ったり、自分を過信して作り上げてやる!と思って走ったり。
後悔だってそりゃあるさ。
でもその後悔を打ち消す為の力が原動力だった。そうして今も音楽で生きれている。
でも… 俺、やり残した事、まだやり足りない事、これからでもいいからさらに本気でやろう!

そう素直に思わせてくれた。


凄いよ。最高の音楽とパフォーマンスは人の心を動かす。

ましてや年齢など関係ない。 さらにやる気になっちまった!(笑)
ありがとうという気持ちが溢れた。 疲れている中、ご本人とも話しをした。
まずはそのイケメンにドキっとしたが!(笑)
すごくいい曲で歌っていてとても気持ちがいいと言ってくれた。

俺のスピリットがいろんな場所でありがたい事に活かしてもらえている。

ありがとうございますと言ってくれた。

いや、俺の方が感謝だ。

皆も注目してね。

本当にカッコいいアーティストだから。

移動移動でクタクタだけど素晴らしいクリスマスだったぜい!(笑)




23:30 | - | - | - | - | - |
2019.01.13 Sunday

スポンサーサイト


23:30 | - | - | - | - | - |

▲top