BLOOD&CHAIN BLOG

ブログやるならJUGEM

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.10.07 Monday

クロムハーツ 共に過ごした24年に感謝

SUZUKIです。

クロムハーツ東京20周年

心よりおめでとうございます。

だね。
思えば24年前、見せてもらったウォッチケース、背筋にゾクッとし、衝撃が走ってから一筋。
若い頃、欲しくて欲しくてたまらなくて、革パン、革ジャン、アクセサリーあるだけたくさん(笑)みたいな全身クロムハーツをモチベーションに(笑)そしてそれも過ぎて、今では自然に、ライフスタイルとして共に過ごしている。


高いよ。でもね。心底惚れこめばミニマリストよ!(笑)
なぜなら他に目移りなんてしないから。
ひとつのクッションはリペアしながら生涯使えるしライダースジャケットだって死ぬまで使えるのだから。
生活の全部を彩れる。 遊び心あるテディベア、タフなカバン達、書きづらい思いペン(笑)チェアー、オブジェ…そのすべてにROCKな魂が宿っている。
レザーは毎日普通に使い、壊れたらクロスパッチで補修。
そんなブランドあるかい?
大事に使って壊れたらやったぜ!嬉しい(笑)そんなブランドあるか?(笑)
凄まじく最強に最高にセクシーな世界観だ。


LIVEだろうとプライベートだろうと常にそこにある。 クロムハーツはそもそもアクセサリーではない。ライフスタイル。本当にそう思う。
ボスのリチャード スタークのカリスマ性はもちろん、ブランドの成り立ちにも当時震えた。「自分がハーレーに乗るために作ったのさ。」あの頃バイクに乗っていた俺自身、そんな価値観にも震えた。
だからリチャード スタークが世界で一番クロムハーツが似合う。

ならば俺は7番目ぐらいを目指そうか!(笑)

音楽だろうと同じだ。
自分の為に歌い、奏でる。そこを真剣に突き詰めないで媚び売るものには浅い共感の様なものしかない。そしてそれは一過性ですぐに過去になる。
本物は色褪せない。 若かりし自分が素直に衝撃を受けた事、今では正しかったと思う。

まだオンリーショップすらなく、ユナイテッドアローズの地下に少しだけ置いてあった。それだけでドキドキした。

そこから今ではここまで大きくなった。

俺の中ではクロムハーツは生涯共にする世界観だ。

うん、世界観。そこに惚れたんだね。

プライベートパーティーにお招きくださりありがとうございました。

そしてスタッフの皆さん、これからも「世界一のカッコよさ」を表現し続けて下さい。

俺は最初から決めてます。

死ぬまでクロムハーツ。


気張らず側に必ずあってくれる存在。

心からの感謝と尊敬を。



「あなたがクロムハーツにいてくれるだけでいい」


ここでは言えない様なワガママな事もたくさん受け入れていただいた事。忘れない。
いてくれればいい…そんな事を言ってくれるクロムハーツを俺は一生愛してゆきます。

最後にもう一度。

クロムハーツ東京20周年!

おめでとうございます。

これからも楽しくいきましょう?



P.S.プレゼントとしていただいたんだ。
一生大切に使う。
毎年たくさんのプレゼントをいただくが、数年前に贈られたBLOODのB、慎一郎のS、二つのイニシャルチャームやこのドックタグは宝物だね。 鈴木慎一郎

20:30 | - | - | - | - | - |
2019.10.03 Thursday

杉山清貴さんに

SUZUKIです。

杉山清貴さんに今回のアルバムでもまた楽曲を提供させていただいた。

そしてスタジオに呼んでいただき…

ぶっちゃけます。

音もすべてがヤバすぎて吐き気したぐらい!(笑)
すべてのプレーヤーがとんでもなく技術が高く、素晴らしい音を奏でる…

プロフェッショナル。


新しい世界を見せていただいた。


また勉強になった。 自分がまだまだゆるい気がした。さらに精進せねばならんと強く思った。

あ、スタッフ様。。。当たり前に譜面渡されても困りますが!(笑)
当方まったく読めないし書けないので!(笑)
感性と感覚だけで生きてますSUZUKIデス(笑)

杉山清貴さんは

本物のレジェンドだと思う。

昨今、よく見る言葉だが、本来そんな軽い言葉ではないはずだよね。

杉山さんは紛れもなく間違いなくレジェンド。

前にも話したかも知れないけど


Aメロワンフレーズ一発で


ザ!杉山清貴


の世界が充満する。


声と艶の存在感。


ワンフレーズ歌っただけで、そよ風や景色や風景が浮かぶんだ。

そして自分の聴いていた当時の風景までもが浮かぶ。

誰もがリスナーだった時代の空気や匂いに一発で引き込んでくれる。

これなんだよな…

本物って…

うなだれる程に素敵だ。


そして、そんな方の大切なアルバムに鈴木慎一郎の楽曲がまた数曲収録される事に感慨無量です。



これは他アーティストに楽曲を提供する時にいつも思う事なんだけど、
今回も鈴木慎一郎はたった一人、杉山さんの事を想い、杉山さんのオーディエンスの事を想い、歌うステージの空間を想像し、毎晩ギターを弾いて小さな小さな空間で産まれたメロディーの旋律。
そしてそれがこうしてレコーディングでたくさんの人たちにより色付けられて
ボーカルの歌声が乗り

たくさんのリスナーに届く…


どんどん大きくなる。育ってゆく。
こんな最高な仕事があるだろうか。
長らく音楽で生きてきて
今、いや、この数年、さらにそんな想いが強くなった。
若くて青いうちは(笑)そんな事微塵も思わなかったよ。
俺が最高!俺、いく。俺は大丈夫だ。
それだけだった。感謝などなかった。
でも10年、15年、あれ?
俺、幸せなんじゃないか?
ファンがいてくれて、自分の声はどんどん出て、いい曲書けて…

これは仕事だ。
仕事?

男にとって仕事は要
なら、もっとやらなきゃ。もっと極めたい。鈴木の楽曲は日本一だ!そこまでいきたい。

感謝しながら自信も持ちながら。

そんな気持ちになった。
自分が歌う事も
誰かに歌っていただける事も
実は俺の中では何の区切りもなく

ひたすらいい曲を書いて
音楽で旅をしている。

そんな感覚。
自分が歌う作品も、もう一人の俺が隣にいて、あの時ああだったよな?こうだったよな?お前はどう感じていた?そんな自問自答をしながら、いろんな場面を眺めて飛んでいる気分なんだ。
だから歌詞を書いている時に涙を堪えていたり、くやしくて拳を握っていたり、書いた紙を破り捨てたり(笑)
感情的になる。

そこには魂が宿っているから。
だからこそ自分自身の存在価値があると思うし、そんな風にしか俺は音楽をやれない。

理屈を超える。
そんな曲じゃなきゃだめだ!
そういつも自分に言っている。

さらに最高なメロディーを産みたい。 音楽は素晴らしい!

少年時代に憧れた方や
影響を受けた方と

こうした形で関わる事が出来るのは

俺が執念深く続けてきた結果でもあり、
何より、 ファンの皆が応援してくれ、エネルギーを与えてくれてここまでこれたからだと思う。

ま、俺なんてまだまだ小さいけど(笑)


人生これからだけどさ!(笑)

いつだってまだまだ今日がスタートだけどさ。(笑)

俺は本当に幸せだよ。

こうしてずっと音楽を愛して、音楽に打ちのめされていられる。

そして求めていられる。

もっと!もっと!って。

そんなすべてに感謝している。


心に熱く燃えるロック魂で


今日も明日も生き抜く。


最後に。

今でも杉山さんを目の前にすると緊張するSUZUKIデスが(笑)そんな普段は超絶ブサイクなSUZUKIと、まったく分からない譜面を渡されて読めるふーにふんふん言いながら作曲家っぽい佇まいをしてみたけどまったくカッコのつかなかった思い出の楽譜画像をどうぞ!(笑)






BLOOD
I'M A ROCKER全国リリース決定!
2019.11.22

14:20 | - | - | - | - | - |
2019.09.17 Tuesday

半分マン

ドーモ
ハンブンスズキデスヨロシクオネガイシマス

ジドリッテドーヤンノ?ムズカシーデスヨロシクオネガイシマス

ブサイクスギテドーシヨーモナイデスヨロシクオネガイシマス

最近!今さらモトリークルーやバックチェリー、バックヤードベイビーズ、ハードコアスーパースターあたりを聴き直している!

するとどーだ!?

ふつふつと

ワイルドでハードなALBUMを今すぐにでも作りたくなる衝動!

ROCK!ROCK!ROCK!

したいね。

息も抜かせぬ程のBEAT渦巻く新作を届けたい!

ALBUMリリースしたばかりなのになんなんだ!この意欲は!

耳は相変わらずだ。

スタジオに入り、デカイ音でオケを出し歌ってみる。

ダメだ。どうにも2.30分で右耳がまったくバカになっちまう。
ハードなステージをまたやりたいから

気長に焦らずだ!

その分皆には作品として最高のものを届けていきたい。

音楽に壁はない。

しかしクロイカリスマ、LOST、必ずもう一度やんぞ。



皆もカラダには気をつけて!

俺に心配は無用だーぜ。

元気にやってる。

右耳以外は問題なしだ。

ただ、どうしてもイヤモニつけてステージに立ちたくないんだ。

フロアーの熱をダイレクトに感じながらどんどん汗まみれになり歌も雑になりグシャっとなる。

そのワンステージに賭ける人間のすべての過程を見せて、共有して生きていたいだけなんだ。

こんなご時世、熱苦しくてもいいじゃんな!(笑)

うん。俺は元気だ!日々音楽している!

たくさんのALBUMの感想メールもありがとな。

返事遅れるけど全部読んでる。

男くさいメールたくさん!(笑)


レディーもメールケモンケモン!(笑)
ロックンロール魂で!
負けずに生きようぜ!
んじゃの!

鈴木慎一郎


22:09 | - | - | - | - | - |
2019.09.16 Monday

提供曲が来年公開映画の挿入歌に決定!

スタッフです。

鈴木慎一郎が伊藤あゆみちさんに楽曲提供させていただきました「どうしたの?何かあったの?元気ないみたい」


作詞 作曲 編曲 鈴木慎一郎
来年公開予定の映画、セイキマツブルー アナザーストーリーの挿入歌に決定いたしました。


サウンドはミディアムポップで慎一郎節の流れるような旋律、極上メロディアスな楽曲となります。
名曲です。

お楽しみに!
伊藤さんにはこちらの楽曲の他にも2曲提供させていただきましたが、すべて収録されたアルバムが来年一月にリリースとなります。

映画の詳細などにつきましては追ってお知らせいたします。

鈴木慎一郎のメロディーがさらに多くの方々に響き渡る事でしょう。深く感謝しております。


その他にも楽曲提供情報、リリース情報がございます。
今しばらくお待ちください。





「どうしたの?何かあったの?元気ないみたい」

作詞作曲 鈴木慎一郎

「どうしたの?何かあったの? 少し元気ないみたい…」

聞こうかな やめとこうかな
でも結局いつも微笑むばかり
震える手のひらにわたしのぬくもりを
叶えさせてあげたい夢 見守るだけ
健気に見える?そうじゃない
愛してるの
あなたの全部が好き…

ただ側でくっついてるよ
それしか出来ないけれど
明日がね ほんの少しね
頑張れるとしたら
嬉しい気持ち
悲しい出来事も笑い合える様に
言葉がなくても見つめ合い 笑える様に
リップを塗ってあげる朝
幸せだよ
あなたの全部が好き

喧嘩したり愚痴しちゃったり
わざとかまって光線出したり
お互い様ね 子供みたい
このままでいたい…

13:22 | - | - | - | - | - |
2019.08.19 Monday

BRASH解散ライブへ

SUZUKIデス

今日は俺が曲を手掛けていたガールズバンドBRASHの解散LIVEだった。
SKE48にいた小野晴香、出口陽が属するバンドで、和をテーマにしたロックバンドを…というコンセプトのもと、4曲提供させていただいた。残念な事にレコーディング、リリースの前に解散という結末。 普段はあまりライブハウスには行かないけど、こんな時は行く。

解散LIVEというのはいつの時代も切なくて悲しいものだ。

自分が携わるアーティストならなおさら。
このグループに関しては、プロデューサーというよりも、運営会社と手を取りながら、楽曲提供という形で携わっていた。

我ながらロックでメロディックで素晴らしい楽曲を作れていたと思う。

志半ば。理由はたくさんあれど、目指す未来をひとつにして、一丸となる事がきっと出来なかったのだろうと思う。もう少し続けていれば…
今夜、オーディエンスの中に手を挙げて楽しんでいる白人男性がいた。ファンの方々も熱かった。そこに無限の可能性を感じた。演奏力、表現力が少しずつ増してきた最中の解散。
俺自身とても反省する。

楽曲提供という立場上、あまりメンバーとコミュニケーションをとれなかった事も反省。

本音を言えばもっとメンバーの話を聞いてやりたかったし、話し合いながら模索してゆきたかった。
社会は難しい。
才能とか、運とか、それだけではない何かによって突き動かされる部分があるし、人の繋がりで急に転がる事もある。

俺は携わったアーティストには絶対に幸せになってもらいたい。

自分もそうだ。満たされる為に曲を書き表現してきた。

鈴木慎一郎の音楽を歌ってくれる人は俺自身の分身だと思う。
だからハッピーであって欲しい。 その為に何が出来るかをいつも考える。

例えそれが数年だとしても、その人にとって大切な一年、二年なのだから。
振り返った時に、鈴木サウンドを歌えて良かった。そう思って欲しいし、アーティストにとってかけがえのない瞬間を創り上げる事に喜びを感じる。
運営や、裏方だけのプロフェッショナルではなく、俺は両方の気持ちと立場が分かる数少ない音楽家なのだから
そんなヤツにしか出来ない事があるはず。

それを常に考えている。

難しい。
力及ばず。

本当に残念だけど

これからのメンバーの人生に幸あれ!
また何か一緒に出来る事を願って…

FIGHT!!!



ありがたい事にやる事満載だ!

さぁ!I'M A ROCKERを爆音で流して
次なる場所へ向かおう!

P.S.みんな!感想たくさんサンキュー!
返事なかなか出来なくてゴメンな!
全部読んでいるよ!

いろんな声が聞けて嬉しい。

皆にとって最高の一枚になってくれたかい?

夏バテ注意!!!

んじゃの!

SUZUKIより

22:50 | - | - | - | - | - |
2019.08.10 Saturday

太陽少年 親友 槙健一へ

鈴木慎一郎です。
新作をリリース出来た。

少し遠くの皆はまだかな?
少し待っててな。

早速感想が続々と。
男ばっかだけどな(笑)
とても喜んでくれている様で最高な気分だ。曲ごとに細かく感想を書いてくれる野郎もいて(笑)頭が下がる。
俺なりのBEATが皆に響いているんだと実感した。
今、心から嬉しく思う。

期待をありがとう。

君のその期待が常に俺を突き動かす。
感謝している。

その分、俺はこの身を削って

音楽に抱かれながらはじかれながらいじめられながら愛されながら
メロディーを紡ぐ事が出来る。

I'M A ROCKERは胸にストレートに届くはず。


なぜなら共鳴し合う俺達は同士だからだ。
腐れ縁だぜ。
最高の作品を産み出せ、届けられる事。

それは当たり前じゃない。ここまでやれた事は我ながら物凄い快挙だと思う。俺は、自分でレーベルを始めて18年強…になる。
勉強嫌いな俺だから誰にも何も教わらず
金勘定すらした事なかったよ。
数々の失敗を力にしてここまで歩めたのは
執念だけではなかった気がする。

この足で歩く

夢は直接ファンに届けたい。

邪魔なやつら、搾取したがるやつらはいらない。とことん排除してやる。

25の俺に覚悟は出来ていた。
始めた途端
それはそれはツライ事、くやしい事だらけだった。

腐る程さ。
騙されまくりゼニをかすめ取られ…
人を一切信じられなくなり

裏切った奴を許すまいと思った。

デビュー当日から信じていた大人に見事に裏切られた時には

もうやめようか。

そう思った。
明日が見えないどころか
目の前真っ暗。土砂降りでワイパーもなく何にも見えんかった。

でも負けなかったのは

誰かが待っていてくれると信じられたから。

それが強さとなり

いったらんかい!

全部飲み込み挫折は栄養にしたるわ
そう思えた。

そしてまた新作を届けられる。

嬉しいね。

そんな日

特別な日はいつも

親友 槙 健一を聞いてしまう。

ヤツは年上だった。

俺たちはかけがえのない友だった。

長崎から東京へ


何度か話した事あるけどさ
こんな業界で信じれる友達は慎一郎だけだ

そう言ってくれたあいつを今も忘れない。

太陽少年

こんなにもイキのいいノリのいい名ALBUMを作り上げた槙 健一!


これからという時だった。
渋谷の駅をポスタージャックしていたのを目の当たりにした俺は

ああ。
これはいくな。いよいよ槙 健一がスターになる。


俺は売れずに底辺。(笑)
年に180本ギターだけ抱えてドサ回りをしていた。
頑張らなきゃ!

明日月光さんに会いに行って

負けたくない!

俺ももっと宣伝してくれ!

そう伝えにいこう!(笑)

ワガママ少年の俺は(笑)
電車の中でそう思ったものだ。(笑)
テメエの実力のなさを棚に上げて(笑)
そこから24.5年か。
「俺はここでまだ叫んでる。」
「生きる意味も守るものも
この両手で抱いて」
BOYの歌詞のまんまさ。(笑)
まるで昨日の事のようだ。

矢先…
重い病気。
手術を繰り返し日に日に痩せて弱っていった。
それでもヤツは最後まで音楽に執着し続けた。
美しい女性も最後まで好きだった。(笑)
そんな彼が大好きだった。

神様はなぜ

いい奴の手ばかり引くんだ?

そう思った。
最後に会った時、息をするのもつらそうで見ていられなかった。

最高の時間をありがとう。

この太陽少年って作品
最高だから皆ぜひ一度聴いてみて欲しい。
リボンという曲は日本が誇る名曲だ。
負けんぜ。

君の分まで人生を謳歌して傷ついて立ち上がり快楽のすべてをこの手にして

俺がそっちいったら

いろいろ自慢してやんよ。(笑)

鈴木慎一郎の新作

皆にはどう響くだろう。

楽しみだ。

たくさん声を聞かせてくれな!

ファンの皆、全員が

今日も明日もハッピーであります様。

俺は祈っている。


自分の作品リリースなのに
人様のALBUMを宣伝する俺(笑)
嫌いじゃないぜ(笑)
あちーから熱中症には気をつけて

ROCKな人生を!

んじゃの。


真夜中少年より(笑)
鈴木慎一郎


22:30 | - | - | - | - | - |
2019.08.07 Wednesday

ソールドアウト!

スタッフです。

ニューALBUM I'M A ROCKER

ソールドアウトです!

本日アルバムがプレスより上がってきましたので、これより包装し明日発送させていただきます。

到着まで今しばらくお待ちください。

19:15 | - | - | - | - | - |
2019.07.29 Monday

アルバムソールドアウト間近

スタッフです。

BLOOD NEW ALBUM

I'M A ROCKER

ありがたい事に発売前にご予約受付終了となりそうです。

残り20部をきりました。

ご期待を裏切らない作品です。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。




17:21 | - | - | - | - | - |
2019.07.22 Monday

チェック!チェック!チェック!

明け方のSUZUKIです。

ドライビングチェック!

SUZUKIサウンドは絶対に車に似合わなければならない!ハンドルが軽くなる様な…心のアクセルをベタ踏み出来る様な…明日に挑めるHEARTが何度でも蘇る様な…

だから プレス納品間近まで
俺は諦めません。

音楽に生かされているから
ROCKに生かされているから。
何より、皆が待っていてくれるから。

長年信頼しているエンジニアが最高の音を作ってくれた。
でも俺はその先を見たい。

だからお願いして何度でもやり直しをさせてもらっている。 今回のALBUMは、最高ってやつを超えた最強が必要だと思うから。

今まで通り最高さ!

ではダメなんだ。

あれ?最強じゃん!

そこにいきたい。

だから4回目のチェック!

俺のチェック、ホント細かい。

音楽理論くそくらえ。ドレミすら書けねえ俺は感性だけが頼りだ。
そこもっとだーっ!!!と!(笑)とか、ばばばん!ってやって!とか。(笑)
ウィーン!って音をもっとデカく!(笑)とか!(笑)
まったく小学生以下の会話さ。(笑)
でもどうだい?
やれてるよ。
やってきたよ。
昔、21.2の頃、当時のエンジニアが言ってくれた。

「しんちゃんは理論なんて絶対知らなくていいよ。縛りごとに惑わされないままでいて欲しいから。その方が僕らも楽しいし、僕らが驚く様な音のぶつかりだって立派に音楽になるって事を考えなくても分かってるから凄いよ。そのままいて」

よし!俺は感覚と感性だけでやりきってやる!
そう思って今に至る。
もちろん、だからこそ俺は一人じゃ何も出来ない。
ライブだって、レコーディングだって、音楽理論やコンピューターをよく理解している素晴らしい仲間たちが俺の感性を支えてくれている。

ひとりデスクトップで完成させる音楽が主流でも、もっと熱いものがあるはずだとずっと信じてきた。
そんな想いで作った音が皆へと届けられる。

数々の楽曲提供だって姿勢は変わらないし変えられないし、変えるつもりもない。

すべては心だよ。心。
誰よりもハートフルな曲を提供させていただいてきた。
我ながらこんな音楽家、迷惑だろうなって思う。
多分人が聴いても分からないレベルにもこだわる。
妥協?
ダメ。


だって音楽だ。 音楽で俺は生かされているんだ。 そこ手抜きしたら俺の価値なんてどこにもない。
締め切りギリギリまで挑みたい。
音楽が俺を見放さない限り全身全霊で。

たくさんの予約ありがとう!

感謝しかない。

最強届けるよ。

売れ切れて欲しい。

そして全国流通までいかそうぜ!

どうか力を貸して欲しい!
日本に消えかけているBEAT ROCKを!
それにしてもこのアルバム…超絶BEAT ROCKだ! 昔昔、デモのみで当時はリリースされなかったSTAY WITH MEが収録。これに反応が凄い。(笑)
皆の期待が嬉しいが、期待なんて軽く超えたるゼ!?
これ以上ないキャッチーで8なBEATだ。

I'M A ROCKER にわかに見てるROCKファンにも
どうしても届けたいんだ!
だからソールド後、流通させたい!
日本にはまだ真っ正面からシャウトするROCKがある。
俺の尊敬する大好きな先輩方もまだまだ元気でいてくれる。

だから俺はその倍、やらなきゃバチが当たる。

東京の夜明け。
まさになう!(笑)
どんより曇り空さ。

うん。俺らしい。
BLOODらしい。(笑)
晴天よりも悩ましく美しい曇り空に
I'M A ROCKERが鳴り響いてるゼ!(笑)

あと数十枚でオフィシャルショップはソールドらしい!
頼む!届け!!!!!!
鈴木慎一郎のROCK!!!!!

ありがとう!

LOVE…


05:17 | - | - | - | - | - |
2019.07.13 Saturday

「I'M A ROCKER」MV公開!

スタッフです。

ニューアルバムI'M A ROCKERに多数ご予約いただいております。
ありがとうございます。

リード曲「I'M A ROCKER」のMVが公開されました!


鈴木慎一郎がだだ歌い
ただシャウトし、
だだギターをかき鳴らす
それだけでどこまで表現出来るか

を、テーマに撮影されたMVです。 結果、ドライブ感溢れる剥き出しの熱溢れるMVとなりました。
ライブ感を出す為にステージさながら汗を流し、何度も連続で歌う姿をシューティングし編集された作品です。
YouTube鈴木慎一郎チャンネルよりご覧下さい。

https://youtu.be/_eE2jat_anI

ぜひロック好きのご友人などにもシェアして広めていただければと思います。
尚、アルバムのご予約はオフィシャルサイトのカートにて受付中です。

今回の作品は勝負作とも言える一枚となり、ぜひともひとりでも多くの皆様に届けたい一心です。
日本にはまだ最高のROCKがある!という気構えで挑んでおります。どうぞよろしくお願いいたします。




22:22 | - | - | - | - | - |

▲top